巨大な数学という生き物

 

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

 

 

当方、中学生くらいの頃からこと数学に関してはからっきしダメで、一応作業的な連立方程式などは楽しくやってた覚えがあるものの、高校からは数学アレルギーにかかり、全くと言っていいほどやってこなかった。

最も数学の世界に関して興味はずっとあり、NHKのわかりやすく映像化された数学に関するドキュメンタリーなどはよく見ていたり、いつかはできるようになりたいとは思っていた。

 

最近改めて数学を勉強し直そうと思っていた矢先、家の平積みされた本の中から面白そうな本があったので読んでみた。

というのも、基本的に僕の本の購入スタイルが、古本屋でまとめて5〜10冊ほど一気に買ってしまうので、読まずにそのまま家で眠っているという本が多い。

 

それはともかく、この「生き抜くための数学入門」はいわゆる数学参考書ではない。

日常に即して理解しやすく数学を学び直すといった趣向でもない。

中学校、高校と数学を先生に言われるがまま、教科書に書いてあるがままに学んできたことってそもそもどういうこと?ってことを分かりやすく解説した内容。

具体的には「円周率とはなにか?3,から始まる理由ってなに?」「四角形の条件って?」「かけ算の筆算はなぜ正しい?」などなど。

学校ではかえって混乱してしまうため、説明は省いてとりあえず暗記させられていた数学の本質とも言える部分にスポットライトを当てている。

内容も中学数学の基本的な計算がわかればスラスラ読める。

 

この本を読むと数学とは決して数学の神様が突然現れ、公式や法則を提示して人間が覚えていったなどというものではなく、人が疑問に思ったことを人が解決するために人が編み出した、すべて必然的な意味のある概念や考え方のことなのだと理解できる。

 

そして同時に数学が多くの人から忌避される理由も分かった。

 

それは数学が現実には存在しない世界の概念を扱う学問であるから。

例えば「無限」の概念や、幅が0である「数直線」の概念。「マイナス」の概念もそうだ。

そういった現実のはない概念を皮膚感覚で扱えるかが数学ができるようになれるかどうかの境であるのだろう。

 

そして本書は最後に今までの根底を覆すような数学の限界も示す。

 じゃあ今まで苦労して理解してきたことはなんだったの、と思うほどに衝撃的なラスト。

 

しかし著者はだからなんだっていうの?と強気に読者に問いかける。

限界があるからやらないの?可能性が有限ならあきらめるの?そんなの関係ない。やるかやらないか。

おもしろいことはやればいい、と。

僕も数学の世界をもっと見たい、知りたい。だから勉強し直そう。そう思いました。

 

数学という、日常生活をしていたらまず見ることはない不思議な世界。

その一端をほんの少し覗いてみたい方は、ぜひご一読をお勧めします。