クジラコンプレックス

 

クジラコンプレックス:捕鯨裁判の勝者はだれか

クジラコンプレックス:捕鯨裁判の勝者はだれか

 

 

私は現在30歳手前。

少し上の世代、いやだいぶ上の世代かもしれない。
学校の給食でクジラの肉が出ていたとか、家庭でも安価なためよくクジラを食べていたとか。

 

捕鯨は日本の文化だとばかり思っていた。
そして少し前話題になった映画「ザ・コーヴ」で捕鯨を批判され、変な違和感を感じた。
しかしそのときは深く調べようとしなかった。
日本の文化であるはずの捕鯨をなぜ部外者であるはずの海外の映画で、それも急に批判されなくてはならないのか。

当時の日本人の平均的な感想で終始し、そしてすぐに忘れていった。

 

この本は2010年におこなわれた、国際司法裁判所において日本が初めて敗訴した捕鯨裁判に関する半ドキュメンタリー本である。

 

最初の章ではいきなり核心に迫る。
日本における捕鯨は日本の文化ではないということ。
実際は文化と呼べるほどの習慣ではない。
鯨漁をやっていたのは一部の地域だけ。そして戦後の一時期に肉が不足していたとき、重要なタンパク源としてにわかに食べられていたこと。
それ以外はあまり接点がなかったという。

この事実は正直、衝撃だ。
捕鯨は昔から続く日本根付いた文化だというのは、ほぼ嘘だったのだ。

 

ではその思い込みは一体どこからきたのか。
ここでの事実はさらに衝撃だった。
捕鯨が日本の伝統文化だという一般認識は広告代理店による壮大な「仕掛け」によるものだったという。
それは日本捕鯨協会の委託によって国際ピーアール株式会社が1974年に始めたプロモーションによる結果だったのだ。
捕鯨を日本文化とするために多方面から様々なプロモーションを行い、それはついに国民が無意識に捕鯨は日本の文化と感じるまでに達した。
戦争における広告の手法は知っていたが、それは一国の文化を作り上げることさえできるようになっている。

何を信じたらいいかもはや分からなくなってくる。
世の中は誰かによって作られた無意識の産物なのかもしれない。

 


第2章からは本書のメインである2010年の国際司法裁判所のドキュメンタリーに入る。
公開されている裁判資料をもとに進んでいくようだが、ここは正直面白くはない。
裁判の議事録を読んでも面白くはないように、面白くはない。

 

最後にまとめとして筆者から提案がなされる。
本来あるべき正当な調査捕鯨のあり方を歪めたのは何か。

それは反捕鯨に対する単純な反発と捕鯨は日本の伝統文化だ、という「クジラコンプレックス」に他ならない。
そして政策決定過程において官僚がほぼ唯一の決定権を持っていることによる、第三者目線の欠如。


そしてそれを解消するために筆者は1つの提案をする。

政府と官僚だけではない民間シンクタンクNGONPOなどの第三者機関を交えた科学技術評価局の設立だ。
民間の視点を排除した官僚中心主義という日本の政策決定におけるあしき慣習が、今回の裁判で露呈してしまった。
その教訓を次にいかすにはその日本の政策決定にはびこる慣習を根本から変えなくてはならない。

捕鯨を例に採れば、反捕鯨に対する感情的な反発に終始することを止め、官僚が決めていた政策をもっと民間シンクタンクNGONPOなどが主体的に提案してゆくべきなのだ。

 

海外にはGreenpeaceやそれこそSea Shepherdなど、政府の意向抜きに国際社会に影響を与え、各国が動向を気にするような怪物級の国際NGOが多く存在する。

日本にもそこまでとは言わないにしても、政府に判断材料を与えるくらいの民間団体が多く存在してもいいのではないだろうか。

餅は餅屋という言葉もある。

政府がやれることにも自ずと限界がある。

民間の知恵を上手く取り入れることができれば、より柔軟な政策を作ることができるように思う。

また日本のNGONPO自身もそのくらい社会に影響力を持つくらいにならなくてはいけない。

政府が看過できないほどの存在になればいいのだ。

政治がダメだ、政治家は自分のことしか考えていないと批判するのなら、民間もそのくらいのことをやらなくちゃいけないのだ。