希望の国のグランドデザイン

 

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 

 

「今、世界でもっとも注目される日本人科学者が描く希望の国のグランドデザイン。」

 

新進気鋭。これからの時代この人についていけば間違いない。

そう評価され、メディアへの露出も多い落合陽一氏の最新刊。

内容は今までの発言やその他メディアで発信してきたことを一冊にまとめたという感じではあるが、その見識の高さに驚く。

「日本再興戦略」というタイトル通り、これからの日本はどうすれば再び輝けるかという落合氏なりの戦略が書かれているのだが、まず欧米とは何かという問題から始まる。

結果から言えば、現在日本が多く採用している欧米的価値観は日本に合ってなさすぎる。

元々あった日本的価値観をいま、導入すべきというもの。

日本的価値観は4点ある。

地方分権

・コミュニティ中心

カースト的住み分け

・非人間中心主義

江戸幕府はまさに日本人にあった統治方法であり、だからあのような平和な長期政権と成り得た。

 

 

 

そして近年新しいテクノロジーが次々と生まれてきている。

自動運転、自動翻訳、VR、MR、5Gなどなど。

これらはすでに一部では実現しつつあり、特に5Gは今までの世界を過去のものにしてしまうくらい強力なテクノロジーだ。うまく活用することで日本再興の武器となる。

 

 

 

そしてもう一つの切り札がブロックチェーントークンエコノミー。

ブロックチェーンとは分散型の台帳技術で全員でデータを管理するため信頼性が高く、次世代の技術として注目されている。これをあらゆる分野で導入する。そしてそれは非中央集権型(地方分権型)のテクノロジーである。

トークンエコノミーとは仮想通貨と同義と考えてもらって良い。

トークンエコノミーは今までの通貨制度の制約から逃れているため、可能性が無限大であり、うまく使うことで今までと違った形で経済を動かすことが可能になる。

ちなみにあまり知られていないことだが、日本は世界でもっとも仮想通貨に関する法整備が進んだ、仮想通貨先進国だ。コインチェック事件などもあったが、その程度で失速せず仮想通貨先進国であり続けなくてはいけない。仮想通貨は向こう数百年の国力を左右する。ITのようにまたアメリカに持ってかれてしまうことだけは避けたい。

 

 

 

「日本的価値観」と「新たなテクノロジー」この二つをブロックチェーントークンエコノミーといった仕組みで活用することによって日本は再興することができる。

そしていまの日本はタイミング的にも状況的にもそれらを活用するのに最もベストな状態なのである。

後は、日本人自身がそれに気づき、日本をシフトすることができるかにかかっている。

 

安直な中流マスメディアなんかに踊らされてはいけないし、くだらない情報や遊びなんかで未来を見据える眼を曇らせてはいけない。

 

ポテンシャルはすでに持っている。

しかし発揮するには「自覚」と「若干の行動」が不可欠である。

 

 

「指数関数的成長にとって、全ての点は、いつでも始まったばかりだ。」ー 本文「はじめに」より