未来のビジネスカタログ

 
ビジネスにも倫理が求められる時代となった。
昔ならとにかく発展第一。
環境や倫理は後回し。
それが国を強くした。
 
でも今は違う。
日本をはじめとする先進諸国は市場が飽和状態。
ただ経済的空白、基本需要を満たすだけではビジネスとして成り立たなくなってきた。
そんな時代の流れの中、世界が新たに見出したビジネスフロンティアは「持続可能性」。
環境、貧困、平等、途上国支援など。
2015年、国連が採択したプロジェクト。
SDGs(sustinable development goals)と呼ばれる。
 
これに多くの企業は目をつけた。
今どきの流行りは「環境にいい」とか「ジェンダーレス」とか「途上国支援」とかだ。
環境への影響は無視、男女格差、資本主義第一なんて流行らない。
もっとも消費者がこれらを一番に考えて行動するとも思えないが、少なくとも流行りは無視できない。
企業はSDGsに乗った。
国連お墨付きでいいことをしているから、堂々と広告出来るし、消費者側もいいことをしたという優越感を得ることが出来る。
企業、消費者双方にとってwin-winの関係ができる。
国連も万々歳だ。
 
しかし、流行りというものはいつか終わる。
それまでにSDGsワールドスタンダードに出来るかが重要だろう。
極端な例を出せば、近代の悲惨な戦争体験を経て人を殺すのは良くないことだという絶対的な常識(倫理)が確立したように、ビジネスはSDGsに基づくべきだという常識が根付くことができれば、その時、世界は変わり始めるだろう。
 
先進国と発展途上国の問題もある。
発展途上国はまず成長第一だ。
かつての日本がそうであったように、成長するためなら環境や貧困は一旦無視されがちだ。
発展途上国SDGsを意識する必要性を感じるのは、発展途上国から豊かな先進国となり、市場が飽和、次なるビジネスチャンスを模索するときであろう。
 
しかしそれでも、政治的な問題をビジネスという人間の欲求的な視点で解決していこうという姿勢はとても素晴らしいと思う。
いくら言葉や論理で訴えかけても人はなかなか動かない。
原動力がないからだ。
自分がわざわざ動く必要性を感じることはできない。
しかしそれが欲となると話は変わってくる。
欲のためなら人は動く。
そしてビジネスとは欲だ。
 
高潔な精神なんて必要ない。
欲がいい方向へと消化されることがあるのなら、その先にはきっと輝かしい未来が待っているだろう。